2017年05月11日

近状報告

作業は未だに停滞中です。

色んな記事を読んでいて、何かに固執しているということは重々承知してはいるのですが…
気が付けば「売れる事」「評価される事」に拘っています。

結果を急ぎすぎているから余計な心配が増えているのでしょう。

今は適当に作品の事を考えています。

今後作るかもしれない作品案です。

1つ目。
魔女狩りのお話。

冒頭部分に陵辱があります。
Arcadia arcにもありますが、こちらの方がシリアスです。

しかし安易な陵辱はどうしても安っぽいというか…
どうにも好きになれない所がありました。

またかなり短編を予定していてシナリオ的に気持ちの変化が急すぎる…
もとい特に理由もなく好意を寄せてしまっているので、そこもどうしたものかなと。

内容としては魔女狩りの言い掛かりで捉えられた女性が陵辱され、その中で募らせた恨みを糧に本物の魔女になるというお話です。
2章では視点が変わり、男の主人公を操作します。

こちらは魔女を追う少年です。
突如現れた魔女を追う中で、不可解な事が多く魔女に対してある疑念が生まれます。

そんな2人が出会い、何を目的に行動していくのかという感じですね。
正直、Arcadia arcもまだ出来てないので誰か作ってくれないかなと思うレベルです…

まぁストックとして書き溜めておきます。

2つ目。

これはラノベものです。
こういう終わりのないお話は時間の関係上、形にしないことが殆どなのですが…

実体験を元にしたオンラインゲームのラノベを考えています。
これ公開方法とかもまだ未定でして…

ぶっちゃけるとこれ規格として成り立つのか?って感じです。

まずハイライトシーンが一話分しかないので…
その後の展開とかマンネリ対策とか。

そもそもラノベ形式は初だったりと色々問題はありますが、また決まり次第報告します。

3つ目。

作業してないくせに3つも考えて作れる気しませんが…
これもゲーム形式です。

お嬢様と執事の日常ギャグRPGです。

ツンデレお嬢様がメインなのですが…

これは完全に趣味です。

とても商品として成り立つ規格ではないので構想だけですね。

お嬢様が好きの裏返しで執事にちょっかいを出します。
意地悪な依頼をしてきて、達成した際に報酬として何でも好きなことを要求できる権利を主張する。(ん?今なんでもって?)

みたいな話です。
シナリオとしての奥深さやテーマがないので暇つぶしに作りたいなと思っていました。

まぁ魔女狩りの話や色々と思うところがありまだこれは暖めます。

こう…好きなものってなんだろうって思ったときに思い浮かんだのがこれでした。

アニメの好きなキャラは概ねお嬢様です。

高飛車タイプやお姉様タイプといろいろありますが、だいたい全部好きです。

最近だとマキャバリズムの亀鶴城メアリとか好きですね。
縦ロール可愛いです。

お嬢様かどうかは怪しいですがエロマンガ先生の山田エルフも好きです。
あの子はもっと評価されるべきだと思います。

他にも作りたい作品は山ほどあります。

企業に入れたら作りたい案件が8つ。
ラノベネタが上記の以外に1つ。
同人で暖めているのが上の奴以外に2つ「snow flower」と「星くずのコーラル」

ここで立ち止まってちゃ行けないのですが…
もう少し制作から一歩ひいていようと思ってます。

頑張り過ぎたなんて思ってません。
一日の作業量も大した事ありませんでしたし。

ただ急ぎすぎていた。
好きな気持ちが全くなかったんです。

最近ツイッターなどで作家の収入の話なんかも見ましたが…
何を基準に売れている、成功したとするのかみたいなのを考えていました。

まぁ自分の場合は売れなさ過ぎたこともあるのですが…

いろんな人が最初は数十件のダウンロードから始まり、そこから輪を広げていく。
そんな当たり前の事も見えてませんでした。

youtubeの人気者も言っていました。
最初は再生数も10回そこらだった、その中の5回は自分だったとか。

もっと絵を描いて人目に触れるような行動をしないとRTもフォローもこないのは当たり前です。

金額面や販売数としての成功基準となると難しいところはありますが…

値下げして1件売れていたヒエラルキーは最高評価もらえていたので良かったです。

ヒエラルキーもロワゾブルも半額にしました。
値段設定に関しては今後慎重にしたいと思っています。

値下げは今回で最後です。
次回からはこのようなことの無いように努めたいと思います。
posted by 一夏 at 23:33| Comment(0) | 日記

2017年05月04日

一夏、完全に沈黙…

作業完全に停止したままです。

新しい作品案とかは出るのですが、軒並みイラストというところで止まります。

やはり絵に対して相当の何かがあるようです…

アルカディア アークも悪い作品ではないと思うのですが、絵が気になって仕方なくて向き合えていない感じです。

さて、沈黙していても作品案は沸いてきます。

オンラインゲームをベースにしたギルドもの。
魔女狩りをモチーフにしたシリアスもの。
お嬢様と執事の主従ものなど。

描きたい作りたいはたくさんあります。

ぼちぼち形に出来ればと思っていますが…

画力だなぁ…

自分なりに色々と考えた結果として結論はでました。

意識と現実の相違。

真っ直ぐ線を引いてみる。

自分では引けていると思っていた。

しかし周りからはそれを「真っ直ぐ」と認識されなかった。

これが一つ目の要因。

それでも自己満足のいく真っ直ぐな線が描けていた。

なら何の問題もありませんでした。

他が認めていないものを自分が認められなくなったことでしょう。

今の絵を描く基準は「これならまともに見えるだろうか」という手探り状態。

時間が経って「これじゃまだ理想の出来には遠い…」というループ。

比較対象がTonyさんのような歴戦の猛者だから到底及ばないのに、比べてしまうんですよね。

ピクシブでも徐々にフォローされていたり、完全にダメということではないのだろうと思います。

それでも、今はまだ自分が認められなくて。

この気持ちとの折り合いを何処でつけるのか…

それが今の課題かなと思っています。


値下げの件です。
今回きり…
申し訳ありませんが作品の値下げをします。

ロワゾブル500円
ヒエラルキー600円

変更時期はもう少し先になりますが、このようにしたいと思っています。
本当にすみません。

申請自体は済んでいるので、変更されるまでもう少しかかります。
posted by 一夏 at 11:48| Comment(0) | 日記

2017年04月27日

休暇中

とりあえずこの1週間、作品には全く手を付けておりません。
気持ちが落ち込む事もありますが、景色を見に行ったりしてます。

なんと言いますか、やはり考え過ぎていたようです。

とりわけ絵に関しては実力とイメージがかけ離れており、毎度このイラストの完成度などで落ち込んでいたように思います。

そもそも売上にこだわり過ぎていたと思います。

生活の事などもあり、焦る気持ちは強いです。

最近、作ることを楽しいと感じる余裕がありませんでした。

この1週間色々と考えていました。

本当にやりたい事とか。

ゲームや創作は間違いなくやりたい事です。

ですが仕事とするには実力が足りず、それが元で創作そのものを楽しめない。

それでは結局好きなものが嫌いな事になってしまう。

楽しんで利益も出る。
それが理想です。

利益はあるけど楽しくない。
これはまぁ妥協案。
しかし利益すら出てないのが一夏です。

利益はないけど楽しい。
やはりこれに落ち着くしかないのかなと。


エロマンガ先生というアニメで山田エルフというキャラが言っていたセリフ。

やる気ない時に面白く書いた文章より、やる気マックスファイアーで書いた文章の方が面白いに決まってる。

と言うのを聞いて、理想論かも知れませんがそうだなと思いました。

物語を書く際は、常にやる気は高いです。
ここを考えるのは本当に好きなので。

やはり絵ですね。
綺麗な整った絵を描きたい。
その想いが強すぎて自分の絵を好きになれない。
だから描くのが辛いというか…

この絵で表現できるのか?という疑問が残るとダメなんですよね。

絵の上手さは二の次という意見もあります。
ただ気になってしまうんですよね。

ここの折り合いをどう付けて行くか。
それが今後の課題かなと思いました。

p.s.
作業はしてませんが、Twitterでツクール製のスゴロクなるものを見つけ、面白半分に作ってます。
システムの構想を考えてますが、ツクールって応用次第で本当になんでも作れるなと。

機会があれば組み込みたいですね。
posted by 一夏 at 21:18| Comment(0) | 日記

2017年04月22日

経過のご報告

ここひと月ほどずっと悩んでいました。
ブログにも度々駄文を並べておりましたが、全くと言って良いほど作業が進んでおりません。

作業を全くしない日もあれば、作業をしているのに進まない日もありました。

絵を描いては『これでは売れない、良いと思ってもらえない』と苦悩するばかり。


正直に言うと完全に何かを見失ってしまっています。

制作における必要な何かを。
それも1つではなく幾つもです。

・何のために作っているのか。
自分が楽しめる作品で、誰かに良いと思ってもらえる。
そして誰かに影響を与える作品を作りたい。

それが目標ですが、今の実力で誰かに良いと思って貰えるのか…
絵もシナリオも誰かに影響を与えられるほど書けている訳ではない。
そんな作品を作ってて自分は楽しいのか?

など。

正直に言うと全然楽しくないです。

こんな気持ちで作ってても、そりゃ誰も楽しくなんてならないよねって分かってます。
だから余計手が進まないのです。

・楽しいってなんだ。
自分が思い描いている制作の楽しさ。
それは理想論の話になりますが、とにかく賑わっているコンテンツです。

プレイヤーさんとの交流、制作者同士の交流。
自分が作った作品を見てもらう感動。

これに関しては全てが不満という訳ではありません。
現実にこのブログにコメントをくれてる方が居るのだから…

逆に言えばそれだけが今まで自分を繋いでいたモチベーションでした。
例え数人でも作品を見てわざわざブログまで来てくれて話し掛けてくれた。

これを積み重ねていく事で夢に近付くのだと。

ですが、その僅かな歩みで一体いつまで掛かるのだろうかと…
時間という有限なものの存在を直視して以降、それは焦りに変わりました。

制作者同士の交流もさほどないですし。
自分のやり方が合っているのかさえ分からない。
完全に迷走しています。

最低でも3ヶ月〜1年掛かる作品でモチベーションを保ち、不安にならずに走り続ける事は相当なメンタルが必要なのだと再認識した次第です。
特に何の確証もない自分には大いに影響を受ける要素です。

・それを踏まえての現状
とりあえず『売れたい』という気持ちが強すぎます。
良く思われたいだとか有名どころと作品を比べてしまいます。

3歳児程度の子どもの筋力で成人に勝てないなんて当たり前の事なのに、その差を埋める術を模索しています。
絵の技術などはある程度効率の良い練習法や師に出会えば短期間でも上達はするかもしれません。

しかしそんな場がない。
焦りが強過ぎて基礎を疎かにしてしまいがちです。
というか、こんな基礎も出来ないのか…と更に自分を追い込む形になってしまいます。

気負いしている原因は『売れる』です。
何を置いてもこれに他ならない。

こだわり過ぎている自覚があります。

自分にその全てを解決できる実力があれば恐らく全て上手くいっていたでしょう。
絵が上手い、ゲームが面白い、お話が興味深いなど。

しかし凡人の自分が、何1つ勝てる要素なく売れる事はないと痛感させられました。


・じゃあ作品を作らなければ良い。
この答えに行き着きました。

制作のことを考えるだけでストレスで不安になったり、それを今すぐどうにか出来る実力もない、術もない。

このまま作品つくりから離れてしまうこと。
それが正しいのではないかと思いました。

なのですが…
気付くと作品の事を考えています。

でもこんな風に作れたら良いのにという気持ちと、実際に形にしようとした際のギャップに結局落ち込むのはいつものことです。

なんでだ?と毎回考えます。

それは売れないからです。
売上云々もありますが、売れない=誰も見てない事だったのではないかと。

pixivでもTwitterでも誰かに評価されたいだとか閲覧数、お気に入り、リツイートが物凄く気になってました。
ここでも書いたくらい気にしてました。

評価が高い=認めてもらえた、良い作品が作れたなど自分の自信に繋がります。

今は作品も売れず、誰からも認めてもらえていない。
完全に自信を失くした状態なのだと気付きました。

何をやっても自信を持てないから立ち止まっている。
それに見合った技術もないので自信がなくて当たり前です。

自信をつける為の絵の練習も先が長過ぎて今は苦行状態なのですが…


・じゃあどうするか。

自信がない。とは

売れる自信、評価される自信という他人の目ありきの考え方でした。
自分が制作を楽しんでいないのは勿論、売れる為に制作をしているという事実。

それが完全に間違いだとは思いません。
売れれば楽しいし、それがクオリティを高めるアクターとなるならば良い事です。

しかし完全に自分を追い込んでいる。
これは立場的なものも大きいのですが…

売れたい。という気持ち。
これが一番の間違いなのではと思いました。

もっと先の未来、自分がそれなりの実力を兼ね備えた際にもう一度目標にするなら未だしも、3歳児程度の子どもがお金を稼ぎたいと言ったとしても労働出来る訳でもないので。

長くなりましたが、つまり何かと言うと…


営利目的の制作を辞めようと思います。

具体的にやる事ですが、まずは生活の基盤を作りたい。
最低限の安定できる収入源を確保。

その上で趣味として制作は続けます。
仕事絵となると構図が…とか色々気になりますが、趣味絵となれば良く見られたいとは思ってもそこまで気負いする事もないですし。

フリーゲームなんかも作りたいと思わなくはないですし。

arcadia arcも完成させたいと思っています。
他にも次回作snow flowerなど作りたいものはたくさんあります。

それを考えてる時は物凄く楽しいです。
いざ作業に入り、思っていたものが作れない時に焦り、不安になるので…

ぶっちゃけてしまうと、あまり絵を描くのが好きではない気がします。
例えばゲームなど、気付けばやってます。
時間を見つけてはプレイしたりしますが、絵は気持ちが乗らなければ殆んど描きません。

好きなら試行錯誤しますが、絵は早く完成させてアップしたいと思います。
それは描くことより評価されることに楽しさを感じているからだろうと最近分かりました。

つまり描く事自体は作業みたいなものなのだと。
絵を描く事が好きで、公開するしないに関わらず線だけ引いていたい、色だけ塗り続けたい、延々と小物を描き続けたいという気持ちがあれば違ったのだと思いますが…
そういう気持ちは殆んどありません。

小さい描き込みを如何に楽に出来るかなど考えしまっている自分は、描くという行為に対してはあまり愛着がなかったようです。

趣味絵でさえ上手くなりたいという気持ちが強過ぎて苦行になっていた事が多々あります。
上手いって何なのでしょうね。

好きこそ物の上手なれとは良く言ったものだと思います。
物語を考えたりするのは好きなのだなぁと思いますけどね。

シナリオ考えるのはすぐですし、色々とここはこうしたら?みたいなのは凄くあります。
それと比較しても、やはり絵に関してはそういう熱意が薄かった所でお察ししました。

収入源を確保とは言ったものの今の所見当がついておりません。

定時で帰れたり出来れば良いのですが…
そればかりはどんな職に出会えるかによって変わりますしね。

値下げの話も、売上にこだわり過ぎていたなというところで思った事です。

まぁそもそもクオリティが足りてなかったのも要因ですが…

一度、サークルの在り方を見直したいと思っています。

クオリティにこだわらず、とりあえず作品を上げる事を最優先にするのか。
クオリティの為なら制作期間はいとわないのか。
やりたい事だけやるのか。

全て0から考え直してみます。

その為、制作を一時的にストップします。

裏側で作業はする事があるかもですが、とりあえず表向きは完全に停止します。

ブログは何か気の向いた話でもして続けます。

制作再開まで、他愛ない会話でも出来たらと思います。
posted by 一夏 at 10:01| Comment(0) | 日記

2017年04月20日

今日は立ち絵作業でした※追記あり

立ち絵作業を少しばかり進めていたのですが、しばらく描いていなかったせいかキャラが固い…
ポーズの事とか気になってあまり「これ!」という納得が出来ずにヤキモキしています。

リーズ立ち絵 22.jpg

オーリン立ち絵.jpg

とりあえずオーリンは論外なので描き直します。
ヒロインのリーズの方は悩み中です。

image.jpeg

基本的にリーズ以外のキャラはこっちから修正して使おうかとも考えています。
その場合、オーリンのポーズがシリアス部分ではマッチしないので結局少し書き足す感じにはなりそうですが。

絵が上手くなりたいと常に思っています。

しかし何を描いたら上手くなるのか…
描きたいものを描き続けなければ、いつまで経っても描けないまま。

そういう思考が巡り、結局同じ様な絵ばかり描いている気がします。

今作では納得いくまで描き直したりして行こうと思っています。
一枚の絵に時間をかけて向き合う。

立ち絵のリーズの方も目が可愛くなくて、他と比べると棒立ちなのが気になるので何とか考えようと思います。

昔に比べれば上手くはなっているのだと思います。
しかしこの先にある『自分の絵柄』みたいなものは、世間的にどうなんだろうとか。

今はそんなことも気になりますね。

これは以前から思っていたことなのですが、本屋さんには数万冊という本があり、そこで好きな絵柄…
つまりジャケ買いしたいと思う作品ってほんの一握りだなって。

逆も然りで、絵はそんなに好きではなかったのに、読み終わるとヒロインが可愛く見える作品など。
ひとえに正解はないと思います。

それでも自分が好きと言える絵でないと誰も見てなどくれないでしょうしね。
特に絵重視で作品を買う自分だからこそ、特に絵にこだわりを持ちたいなと。

売上金が入ったので液タブ自体は購入できそうです。
しかしやはりPCの問題もあります…

それに生活に必要な分も残しておきたいなど悩ましい事ばかりです。

立ち絵はまだまだ時間がかかりそうです。
進捗はなるべくここで報告、またはツイッターで公開予定です。

追記

先週書こうかと思っていたのですが…


過去作の値下げを検討しています。


本来ならば既に購入してプレイしてくださった方々に返金などが出来ないので値下げは出来ないものと考えていました。

しかし自分の作品のクオリティの低さを今作を作る中で直視することとなり、今作864円で公開を考えているのに前作がそれより高いのはどうなのだろうと思うようになりました。

既に購入してプレイしていただい方々には本当に申し訳なく、まだ値下げに踏み切れていません。
具体的に値下げするとしたらロワゾブル540円、ヒエラルキー756円くらいでしょうか。
値下げの際にヒエラルキーのプロテクトも解除するかもです。

以前、ロワゾブルの違法DLの報告を受けた事からプロテクトの大事さを理解した上で、プロテクトの事について調べたのですが…

違法サイト自体はすぐに消去してもらえた事などもあり、購入したらデータを移せないなどの購入者側のデメリットやダウンロード数的な理由からプロテクトはあまりオススメ出来ないという意見を聞いたので、そうしてみようかと。

違法アップロードに関してはエゴサで小まめに確認していこうと思います。

値下げの件は、もし値下げに踏み切ったとしたら今回限りにしたいと思っています。

一番はやはり既に購入している方々への申し訳なさです。

それと作品にそれだけの価値があると自信を持って公開出来るように努めたいと思っているからです。
ロワゾブルでは単純なCG枚数から値段設定させて頂きました。
ヒエラルキーでは自分では頑張った作品でしたので少し自惚れていました。
見返してみると粗の目立つ所もあり、購入数からもまだまだ未熟だったのだなと思い知らされました。

アルカディアアークの公開はまだ先ですが864円で予告を出した時に、ロワゾブルより安い作品ならクオリティもその程度か?と見られてしまうのではないか…
また逆にアルカディアアークの前にせかしあのゲームをプレイしようとロワゾブルなどを購入される方も居るかも知れません。

実際ヒエラルキーの体験版を公開した際にロワゾブルの方が5件ほど売れています。
その内3件で低評価が入ったこともあり、新作体験版のクオリティを期待されていたのだろうかと胸を痛めました。

値下げするとしたらアルカディアアーク体験版公開時を考えています。
値下げ反対などの意見がありましたらまた考えたいと思い、こちらに書かせて頂きました。
posted by 一夏 at 20:39| Comment(0) | 日記